--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

独裁者と搾取者の恋

2010年04月29日 04:27

ずっとまとめたかった回避依存なドフ鰐についてのコラムです。おそろしく微妙な内容、かつ長いのでお暇なときにでもどうぞ。
みなたま『恋愛依存症』って普通にイメージできるとおもいますが、それの変形バージョンの『回避依存』のほうはごぞんじですか。どうにもこうにもマトモに恋愛できない症候群。おのれの素をさらけだして、パートナーと心温まる関係を築くことができないあれらしいですよ。
一般的に下記の4タイプに分かれているんだって。
  • 独裁者タイプ → 支配と服従の関係。恋人と書いて下僕と読むぜ。
  • 搾取者タイプ → 相手から搾り取ることしか考えてないお!絞れ~ゴマ!☆
  • ナルシストタイプ → 俺様超ステキなので相手は一方的につくすべきだろ常考
  • 脱走者タイプ → 束縛の気配を感じただけで逃亡するメタルスライム

備考:恋愛回避タイプには恋愛依存タイプのひとが寄ってきやすい模様。(恩知らずのヒモ男になぜか献身的な女の子がセットになってしまうパターン。「あの人には私がいないとダメなの!」「本当は良い人なの!」)

どうもクロコダイルさんは独裁者タイプで、ドフラミンゴさんは搾取者タイプな気がして仕方がないのですね。回避依存同士とか、絶対うまくいかねーだろ……!!というわけで今回は恋愛心理学(?)方面から鰐社長とその周辺の人々について考えていこうと思います。
(ちなみに神エネルはナルシストタイプの上に搾取と独裁も混じった感じでどうしようもない^^)


サー・クロコダイルは独裁者タイプなのか?

まず独裁者タイプの特徴

>『支配―服従の権力関係』
>何でも自分の思い通りにいかないと気がすまない。
>「ああしろ、こうしろ」と命令口調が多い
>「お前はだめな人間だ」というような意味の発言が多い。
>あなたの行動に常に監視の目を光らせている。
>あなたが何か新しいことを始めようとすると、「やめたほうがいいよ」というようにやめさせようとする。
>「おれ(私)の言うことを聞かないと、大変なことになるよ」というような意味の発言が多い。
>身体的暴力または精神的暴力(あなたの人格を否定するようなことを言う)をすることがある。
>何でも、どんな時でも自分が正しいと思っているようだ。
>何をするにも彼の「許可」が必要だ。

ギャーッ!ただの嫌なヤツだーッ!!しかしクロコダイルとロビンの会話を見ていると、あからさまに独裁者のひとの言動なのでフヒヒとなります。ロビンさんは相手がプンプンしているとうまいこと折れてくれる、すごい空気を読む(読まざるを得ない環境;;)ひとなので、あの気難しいサーと4年も組んでいられたんだと思いました。
社長って「おれを誰だと思ってる」 「愚民ども」 「海賊の格が違う」 「同格に見るのはやめてもらおう」と、やたらに上から目線なわけですけども。プルトン欲しいのも他人にヘコヘコするの嫌だから独立軍事国家したかった感じだしね。

そんで回避依存めいた行動をとってしまう原因なんだけど、心の奥底では裏切りを極端に恐れていて、「本当の自分をさらけ出したあげくにフられたりしたら立直れない!><」 → 「じゃあ最初から対等でない関係でいれば傷つかずに済む!」と思ってやってんじゃね?という説が有力です。
社長の「すべてを許そうニコ・ロビン なぜならおれは最初から誰一人信用しちゃいねぇからさ」とか典型的なそれなんではないかと。「は、はなっから信用なんかしてなかったし!ぜんぜん傷ついてなんかいないんだからっ!><」

回避依存の人はさんざん相手を試すようなことをしておいて、いざ相手が去ろうとすると急に惜しくなって引き止めるか、逆に攻撃的になって叩き出すみたいです。社長は後者っぽいね。
ロビンは社長の趣味に合う女だったろうし、なんだかんだで4年も組んでたらかなり好きになってたんじゃねーの。だからこそ裏切ったら許せなくて、死ね!ってなっちゃう。
3日前に連れてきたどっかの翻訳のオッサンが「プルトンのことなんて書いてないです」っていっても「ああそう。じゃあもう用はないから死ね」……ってどっちみち殺すのかよ!……まぁ殺すよねー。「殺せばいいんだ全員」は名セリフすぎる!



独裁者と狂った忠犬

ある意味ロビンの後釜のような形で社長の右腕ポジションを獲得したMr.1ことダズさん。かれは『独裁者』の対になるべく生まれたような『狂った忠犬』タイプなので、表面上合わせてくれていたロビンさんより、ナチュラルに合っているといえば合っている気はする。
(独裁者と狂犬の痴情のもつれに関しては801古典『炎の蜃気楼』が参考になるよ^^下手すると図書館においてるから読んでみてね!)

社長的に壱のような『絶対裏切らなさそう』な相手ってなんかホッとするじゃないだろうか。それと同時にあんまり心酔&崇拝されていると、素の自分を見せちゃったら幻滅されるかも><;と思って距離をとっちゃう(プライベートを見せない)わけです。どっちにしろ距離をとるのかよ。病根深いよね。
しかし壱はその距離でもぜんぜん納得してくれそうなので助かる。社長の風下でクンカクンカしているだけで、彼はたぶん幸せ。キメェ^^

壱たんは社長との距離を縮めたければ、『社長が負けようが失敗しようが泣こうが喚こうが、微塵も変わらぬ忠誠を誓ってるよ!幻滅なんてすることは永遠にないよ!』という盲目的忠犬ぶりをアピールするしかないと……あ…?わ、わりとやってる、な。すでに。(おだっち恐ろしい子!)

あ、そうそう。壱鰐で、我ながら頭おかしいんじゃねーのと思うけど似合いそうなパロディがあってですね、春琴抄。
(※春琴抄あらすじ → 高慢なお嬢様と丁稚の物語。超エラそうなお嬢様のスパルタ指導にもめげず献身的に奉公する丁稚。出来ているようで認めない2人。そうこうしているうち遊び人風のボンボンがあらわれお嬢様をくどく。こっぴどく振るお嬢様。男は腹いせにお嬢様の顔に熱湯をあびせたのであった。火傷した顔を見られたくない!と丁稚を寄せ付けないお嬢様。見えなければ問題ないんですよね?丁稚は針で自分の目をつぶし、それからもお嬢様に仕え続けたのであった……みたいな話)(うろ覚え)
熱湯はともかく顔の横キズをつけるドフラとか、自分の目をスッパリいく壱はわりと似合う感じがしますよ!(そうかな……)
うん、まぁ、話がそれましたが、壱はそのままの路線でOKです!ピンクのひとに気をつけてね!と言いたかった。


ツンデレな独裁者

本誌チェック組の皆さんはご存知の通り、クロコダイルさんは最近あからさまにツンデレでございますね。あの女王様気質やヒカリモノ好きは元々だろうけど、アラバスタ編から匂わせつづけた 『過去に何かあって人を信用しなくなった』 と、扉絵連載や戦争編で明らかになった『実は夢見がちで熱い部分も枯れていない』も考慮すると、トラウマのため後天的に回避依存@独裁者になっているのではないかと思いました。ちょっと希望が出てきたぞ!壱のひと!

本来の社長ってどういう人だったのかなぁ。トラウマ後の屈折した社長大好きだけど、若い頃のハツラツも見てみたいよね!「こんな真っ直ぐな子がひねくれたオッサンに……ハァハァ!」って余計興奮するもんね!(最低のファン)
まぁ社長はたまにデレが入るぶん、いまでも生粋の独裁者ではない感じがします。なんと美味しいアラフォーであろうか!過去編はやくー!



ドンキホーテ・ドフラミンゴは搾取者タイプなのか

クロコダイルさんが後天的くさいのに対して、ドフラミンゴの搾取者ぶりは天然に違いないという感じがします。だってあのひとトラウマとかなさそーだもん全然。きっと生まれついての迷惑トリスタ者であり、生粋の搾取者なんですよ。そしてあのえげつない実が彼を選びました。納得納得。(って現時点でドフラがなんの実を食っているのか、または能力者ではないのかも判明してないのですが!)

と、順番が前後しちゃったけど、回避依存@搾取者タイプの特徴を引用。

>『損か得かの利害関係』
>人にはあれこれと要求してくるくせに、こちらからの要求には耳を貸そうとしない。
>物を頼んでくる(お金、セックスなど)時だけは、急にやさしくなる。
>(あなた自身について)「私は利用されているだけなのかも・・・・・・」と不安に思うことがある。
>要求をのんだ時のやさしさ、要求を拒否したときの怒りや不機嫌さ、そのギャップが驚くほど大きい。
>こちらが要求を受け容れるまで、しつこくねちねちと責め続けてくる。
>「子供っぽいわがままさ」が強くあると思う。

た……タチが悪いー!!!でもなんかとても当てはまりそうだよ。ベラミーたんがイイ仕事したときなんか猫なで声で誉めてそうじゃない。(殺すときも猫なで声ですけど><)(そのへんの作り笑いみたいなところをスマイルコラムで掘り下げたい)
なんかドフラ、いっとき入れ込んでた女でも飽きたら売り飛ばしたりしそうじゃない。あれがホストだったら元客を泡風呂に沈めまくりですよ。(ホストクラブ『七武海』ちょう見てえー)

そういえばベラミーたん自身"ハイエナ"なんていう弱者から毟り取っていくタイプであるのに、さらにそれの上前をはねるドフラさんハンパないですね。しかもあれだけあからさまに使い捨てにされてるのに「いつかアンタのいる場所に到達する!(だから捨てないでくれ!)」とか、もう、なんなのその関係。おっそろしい!ある意味でドフラにいちばんお似合いなのはベラミーです。彼も生きてたらいいなぁ。……生きててもまだドフラのこと好きそうな気がする(;;)
ベラミたんはミンゴのことを崇めている一方で、ダメな部分もそれなりに目にしているから『仕方のない人だなー』みたいな謎の保護欲(??)みたいなのも持っているといい……。ほんとにベラとかくまとか、ミンゴをちょっとでも可愛いと思ってくれてそうなひとが減って行ってることに少しは危機感持ったほうがいいよ!貴重ですよそのひとたち!



独裁者と搾取者の恋はなりたつのか

やっと本題。これ、どっちも自己中心的だから、血みどろファイトになるしかなさげな組合せで……。独裁者は自分に跪かない相手は落ち着かないだろうし、搾取されるなんてとんでもないよね。搾取さんのほうは損得で考えるそうだから脈のない相手はスルーなんだろうけど、筋金入りのドS搾取さんならば独裁さんが魅力的だったり金持ちだったりすると舌なめずりなんじゃないでしょうか。ちょっと手ごわいぐらいのほうが燃えるぜ!(ちょっとどころじゃねー)

これだけ見ると恋にハッテンしそうにない感じですが、ドフ鰐の場合 『ふたりとも七武海である』 とか、『鰐はアラバスタ乗っ取り計画が成功するまで猫を被っていた』あたりを加味して考えるとなんとかなりそうな気がしてきます。
「おいワニ野郎~^^」とたびたび絡んでくる毛玉。その軽そうなドタマかち割ったろか!と思いながらも我慢のワニ。
なんというかクロコダイルは自分の支配下にないひとといると落ち着かないし、妙に馴れ馴れしくされるのもゴメンだし、ドフラはドフラでちょっとからかってみたら超イヤそーな顔をされて、ドSゆえにそれが楽しくてさんざん絡んでビキビキされて、そういうとこからスタートな感じがする。これはルーキー時代から顔見知りだったとしても同じよーなものだろう。

で、いざ相手に特別な感情が出てきたときにですね。ワニから金品をむしるつもりなんかないのに、むしろ貢いじゃっても構わないくらいなのに、日頃の習性で搾取しそうになっちゃってアワワいまのナシナシってなるドフラはかわゆい。いちゃいちゃしたかっただけなのに、何で首締めてんだろおれ????(ばかなの?)
そして『いつもの自分ならこんな迷惑な男叩きだしてるのに、なんで出入り許してるんだろう。うーん、まぁ七武海同士、計画が成功するまで関係をこじらせないほうが良いだろうから……』と自分に言い訳しつつ、テリトリー内に 『部下』 でない人間がいる状態に落ち着かずストレス溜めてる社長もかわゆいです。
そんで2人とも「なんかいつもと違う。調子狂う」って感じで首を捻りながら、微妙な距離を保ったお付き合いをしていけばいいんじゃないでしょうか。そのうち想いが濃く重くなってくると、今まで無理してたぶん堤防決壊☆大惨事が待っています。にっげろー。


ところで本誌。現在のところドフラミンゴさんは鰐から搾取できそうなものが(エロ方面以外で)あんまりないのに執着を見せているところが意味不明で「な、なんなの!?愛!??」と腐読者を混乱させるわけですが、これはきっと搾取とか関係ない方面ですね。
思い当たるのが 『魔王様の意地』 。
古典作品から現代映画まで、魔王が出てきたら見守ることにしている445なのですが、「ああ、古今東西、魔王様はいつもこれで破滅するなぁ」と微笑んでしまうパターンがあります。

魔王が姫を気に入ってさらってくる → 清純派の姫、もちろん魔王の求愛を拒絶 → まだまだ余裕の魔王、宝石やドレスで気を引こうとする → 姫はやっぱり拒否 → だんだん脅迫的になってくる魔王 → でも拒否 → 鳴かぬなら殺してしまえryと思うも、なんか執着しちゃって殺せなくなっている魔王 → 薬を盛ってみたり泣き落とししてみたりなりふり構わなくなってくる → でも拒否 → キエー!><もう!ほんま!どうしてくれようか!!!と思っているところへ姫を救いにナイトが参上 → 姫の目の前で勇者を嬲り殺してくれるわ!とブチ切れるんだけど、剣士手ごわい上に姫のサポートまであって傷心の内に奈落へ叩き落されます。 ハッピーエンド!(←姫と騎士側から見て)

もうこれほんとにお約束だよね。魔王さまは誰でも思い通りにできるもんだから、自分の意のままにならない相手がいると「これでもか!まだ屈服しないか!」って意地になっちゃうの。そんで最初はエロとか高貴な姫萌えとかの軽い興味だったのが気付いたら命がけの執着になってたよ。アレー?しかもナイトと姫の純愛タッグの前に敗れ去るという可哀想な流れ。
ドフ鰐の場合、清純派の姫ではなくて、高慢女王様な感じですが。しかも買収しようにも宝石も地位もすでに持ってる。人質に適した人物もいない(大切な人いなさげだし……白ひげ?)。ていうか本人が心身共にやたら強くプライドの頂が見えないレベル。なんという難攻不落。だがそこがいいよね。頑張ってください。
そういえば金獅子さんも搾取魔王タイプのくせにロジャーに執着しすぎて墓穴掘ってましたね^^ 一見アホの子そうでいてネチネチいやらしいシキたんはドフラとちょっと似たところがあるので、おだワールドで801展開もありえなくはないぜ。



総括

うん。そしてそんなトリスタで魔王で搾取者なドフラミンゴさんなので、社長は万が一捕まってしまっても、あくまでもツンな態度を貫いていればそのうちゴムとか壱とかが助けに来るし、トリスタ的ウッカリで自滅したりするだろうから大丈夫なんじゃないかな。そんな感じです。
あれ?やっぱ独裁者と搾取者の恋愛はなりたたないの??……うん、まぁ、本人達しだいですよね!体の相性とかでなんとかしろ。(延々考えた結果、もっとも頭のわるい結論に達してしまいました。どういうことなの……)

ていうかあれだな、ロキドロもドフ鰐も、傍に相性ピッタリ(?)の腹心(ベポ・キラー・壱・ベラミ)がいるのにわざわざ気の合わなそうな相手んとこに突撃して縺れるのかよ!っていう……。そこがもどかしくて良いとおもうんだけども。へんなひとたち!
というわけで今回も謎の長文にお付き合いいただいてありがとうございました!(:D)┓ペコリ


コメント

  1. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://801sm2.blog41.fc2.com/tb.php/169-3b0092b1
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。