--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

しっぽのきもちよ

2010年05月25日 20:44

お猫さま&飼い主ミンゴのおはなしはいろいろお見かけするのですが、どれもたいへんに萌えます。ニャンコ大好きだえ!というのと、非道なオッサンがにゃんこたんにメロしている様子両方にハァハァできるからお得である。(そういえばミンゴキャット&飼い主鰐とかは少ないですね)(ミンゴの性格的な意味でのいやらしさはまさに人間なせいか)(そういえば鰐さんとフェレットミンゴの妄想は3分ほどしたことがありました)
こわもて&猫といっても、『顔の怖いオッサンだが実は気が優しく猫好き』、とかじゃなくて、外道の域に達しているドフラミンゴだからこその萌えだとおもう。あのほら、闇金ウシジマくんがウサたんにものすごい甲斐甲斐しいあれみたいなトキメキだよね。。


そして自分もヌコ妄想をしてみるべく猫検索をはじめる445だった。

鰐ヌコは、まぁとりあえず黒かな……。ふつうに美しく頑丈な雑種の子(たまに黒豹みたいな黒猫いるよねー)でいいと思うんだけど、いちおうそれらしきネコ種はあるかしら?長毛もありかしら?とおもって見ていたら、ちょっとバーミーズが気になった。ベースのネコが葉巻色で、葉巻会社の名前からバーミーズと名づけられたとか。目はかならず金。おおっ。でも丸っこくて可愛い系なので保留。
鰐さまはやはりあんまり懐いていないイメージなので、きままな半ノラ(高級餌で釣るミンゴ)、もしくは白ひげんち(土建社長宅の広い庭)を縄張りにしていながらも家人にデレない子 → 白ヒゲ死亡(盛大なお葬式をジッとみている。黒猫縁起悪いアッチイケと投石されるも動じない) → そのご白ひげ邸をマンションに立て替えようとする悪徳マンション屋(なんだその職業)ドフラが下見に来たときに気に入られる → 後日ブルドーザーでドガガされているお庭をボーゼンと見ているところを後ろからひっつかまれる。そういう出会いもいいなー。ブルドーザーに巻き込まれて足が……とかは怖いかな!ニャン前足を止血しながらあわわと獣医にかけこむドフラはなかなか見ないかおをしていそうだ。
現在はミンゴまんしょんの一室(白ひげ宅の跡地に建設)で暮らしている。キャットタワーの上から愚民ゴを見下ろしています。呼んでも降りてこないけど、ミンゴは背が高いから手ぇ届いちゃうのでしたー。残念★

ロー猫は細身タイプ?ロシアンブルーとかいいかな?とおもってロシアンの性格を見ていたら「ダッコも好きだが肩に乗るのがもっと好きだ」と書いてあって、ミンゴの人間でも座れそうな肩でくつろいでいる猫ローを想像してにやけました。ヒゲがくすぐってぇよフッフッフッとデレる飼い主さま。肩で寝転びながらグラサンのスキマからミンゴマツゲをじーっとみている猫ロ。ときどきグラサンと頬のあいだに前足いれてくる。女と電話しているとスネで爪をとぎはじめます。

関係ないけどかなり前に目バリの入っているウサギをみかけたことがあって、ツタンカーメンみたいになっててかっこよくてね!籠にいる3匹とも目バリ入りだったので、兄弟でおそろいガラなのかそういう種類なのかもわからなくて。今日「アイライン うさぎ」でググったら、どうやらドワーフホトという種類らしかった。目にクマのあるローちゃまがウサだったら、こんな感じで耳と目のフチが黒くてタレ耳で薄いベージュだったらかわいいなー。(そんなのがいるのかはしらないけど)
黒アイラインで赤目のウサとかいたらキッドたんぽいけど、赤目ホトもいないっぽくて残念なことです。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://801sm2.blog41.fc2.com/tb.php/194-3c46c7db
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。