--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

死に際に微笑むもの

2010年02月03日 23:38

“死に際に微笑まぬものは生まれ代われない”という言い伝え(?)がありますが、器の大きい人っていうのはたいがい微笑んで死ぬ不思議。
445はこの言葉が脳に焼き付いているので、人が死ぬシーンで笑顔だと「あ、うまれかわれるね!」と思います。(アカギさんやアルベルトさんが死ぬとき微笑んだのをみてとても安心した!)(月たんが笑えていなかったときも逆に安心した!^^)

ワンピ世界では 『生まれ変わり(転生)』 みたいな概念はないと思うのですが、ロジャーと同じ信念をもっているのがルフィとのこと。いまのところフリーダムぶりくらいしか共通点はないのだけど、この先もっと色々と共通点が明らかにされていくのでしょうか。
というかもし生まれ変わりなんてことになったら、ルージュ似の兄&ロジャーな弟……って、危険なかおり…に……。

ワンピ内で微笑みながら死んだ人というと、ベルメールさん、ヒルルクとルージュ……あと誰だろう?ペルも微笑んでいたけど、生きてたからなぁ!
この三人に共通しているのは『愛するものを守るための覚悟の死』なので、ロジャーのあれとはちょっと意味合いが違うのかしら。
ビンクス歌いながら死んでいった船員さん達も笑っていたので、そろって生まれ変われていたらいいですね。またブルックと合流してラブーンに会いにゆくといいよ。

あ、そうそう、死ぬのとはまた別だけれどもクロコダイル氏がインペル送り(=事実上の死)のときの写真でニヤリとしていたのがミーツバロック当時は意外で……。ふだんムッツリのくせに笑っちゃうのかよ!そこで!と。今だとなんか分かるんだけども。壱さんもゾロに負けて倒れるときに笑っていたので、この壱&鰐は意外に有望かもしれません。
ミホークや白ヒゲは典型的な微笑んで死ぬタイプなので心配していない。ていうかワンピなのでみんな死にません。バンザーイ!例のスマイルのひとは肝心なときにフフフできるのかどうか見ものです。死に際もスマイル!がんばれ!><

まとめ>
日々やりたいことを後回しにせず悔いのないように生きていれば、微笑んで死ねるのでしょうか。信念をつらぬいた上での死ならともかく、不意打ちの死で微笑むって難しいねー。そういった意味でルフィたんの微笑みは、不治の病だったロジャーより難易度高いんじゃないかと思います。さすが覇王色。
568話?ではあのルフィたんが「今あきらめてエースを助けられなかったら、あとで死にたくなる」とまで言っていて、うわーこの情の濃さもさることながら、後先考えなさが恐ろしい!と思ってしまったけど、この兄弟が死の淵でよく口にする「くいは残さない」っていうのがなんかポイントなんでしょうか。悔いを残して死んだ悲惨な誰かが身近にいるのかな。(ルージュ?)(彼女もエースを守ったという満足からの微笑みだったね)
エースお兄ちゃんは今はまだ微笑んで死ねる器ではないようだけど、愛されていることを自覚して、自信もって悔いのないように生きて、そんで最期には笑って死ねる男になっていただきたいものです。ルフィを庇って微笑んで死ぬのだけはやめてー!がんばって!なんとかなれ!><


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://801sm2.blog41.fc2.com/tb.php/61-f1a454ce
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。